www.hotelmartani.com

コンピュータの画面の前に座って、休むことなく上がったり下がったりしている相場を目を向けていると、何やら取引をしなくてはいられないという抑えようのない気持ちに突き動かされる事も多かったりします。しかしながら、不明瞭な思いで売り買いをすることは断じてしてはいけません。事実、外国為替相場は1日中どういう時でもいずれかで市場が変動しているし為替相場もどういう時でも、上がったり下がったりします。しかし、だからといって立て続けにエントリーを積み重ねるとそれだけ損をする危険が高くなります。当然、トレードの数を積み重ねる事で次第に勝利する確率か半々になるのは周知の通りです。けれどもそれは「なんとなく直感で注文」してしまうこととは別問題です。取引回数を積む意味というのは、自ら「ここで勝負」と考え付いた機会を持ったところでの売り買いの回数を積み重ねるという意味である。ただ、休む間もなく売買を経験するのとは明らかに違う。市場の駆け引きにi挑むには、自ら考えてけじめをつけることが不可欠です。「ここで勝負」と思い至った市場の時にはいっそのこと所有ポジションを多くして利益を追求する。「だいぶ分からない為替相場でどう変化するのか理解できないな」と思案した時は観念してポジションを見切りをつけて放置します。それぐらいのけじめをつけた方が最終的に注文はうまくいきます。マーケットの名言には「休むも相場」というものがある。文字通りその通りです。為替取引とはいつもポジションを持っていることがすべてではなくどれも持たずにじっと見ていることも事態によっては取引です。では、どのタイミングで、休めばよいのだろうか。最初に言われるのが前述の通り、最近の為替相場が明確に分からない時です。今後どうなるのか見通せない時は考え無しで行動すると、自分自身で書いた物語とは逆の方向に相場が動いてしまい、損失を被る事になります。だから、そういった場面ではポジションを諦め、そのまま何もしないで様子を見ているのが唯一出来る事です。もうひとつの場面は、自身の体の具合が変なときです。健康状態と外国為替市場に関係しないと感じる方もいますが現実には思ったより関係がある。体の調子が変な時は、為替相場の決断しなければいけない状況で正しい決断を下すことが出来ない場合が多くなります。やる気がわかない時は市場から目をそらす事も必要な事です。

コンテンツメニュー