www.hotelmartani.com

初めて売買する時という場合では第一に準備を怠ってはならない。取引を始める前であったら場面を客観的に見ることが出来ます。だが、いったんトレードの内側へ深入りするとどう工夫しても見え方が主観的になってしまいがちで、時としてしっかりとした判断が分からなくなる恐れが生じる。それゆえにあなたの考えが論理的な場面で間違いない事前準備をしておくことが大切です。このj事前準備のためには、最初は自分のシナリオを記す事から始めます。これからのあの通貨はこうなってああなるから、円を取引するといった、あなただけの筋書きを書いていきます。次にチャートを確認しましょう。それまでの為替相場の上下を見定めて、今の位置を確かめます。そうしたら、「今日は結構高い場面になっている」など、そうでなければ「もうすでに多くの勝負しているこれから先自分か売り(または買い)してももはや遅いな」ということが理解できます。当然、今となっては売り(または買い)するが遅すぎるなと感じたならば、ここは潔く諦めることが重要です。無理に自分のシナリオを妥協しないで新規エントリーすると、外国為替市場にやられてしまい為替差損を受けることになる危険があります。もっとも多くの場合では、準備が出来ているストーリー展開を考えていると、仕かけるのが遅すぎるということにはならないでしょう。大方、具体的にマーケットが動意づく前の状態のはずです。その次にとりあえず取引しようと考えている通貨の上下動をじっくりと見る事が重要です。もしも、円安に向うという物語を作ったのであれば該当する外貨の上げ下げに注目しておきます。外国為替相場の動きを注視し始めた段階ではまだまだ該当の外貨は目立って変化する雰囲気を見せることはなく上や下に小さな上げ下げをしているだけでしょう。でも、その変動をちゃんと調べているとある位置で着実に、ドル高へとマーケットが変化し始めます。この場面で初めてドル円のトレードします。一般的に、そこまで周到に準備をすればその売り買いで儲ける確率は相当大きくなるはずです。

コンテンツメニュー