www.hotelmartani.com

外国為替証拠金取引に関しての面白さは一つだけの投資商品であるのに、お金を掛ける期間を「短期投資」「中期投資」「長期投資」の3種類の中からどれをセレクトするかにより、資金を費やす手法がまったく変わる点にあるのです。1番目に外貨投資する「長期の投資」について見てみよう。長期投資というのは一年以上の投資を基本にしているものです。一般的に為替のレートで、一年以上も先々の相場は円高と予測するか、あるいは円安であるかを予測するなんていうことはまず無謀かと思います。通常なら「そんなにも後々の情勢は予言できない」となるのが一般的です。見当もつかないことを頭を悩ませて推測しようとしたところでそれは無謀なことなのです。ですから、外国の貨幣を買ったら、その時点での価値よりも円が高めになっていても、近い将来返ってくるはずだくらいのイメージで売り買いに向き合うものです。為替の差益を熱心に大きくするばかりでなくそれ以外の儲け、言い換えればスワップ金利を大きくするというのを、第一の望みということにして始めてみましょう。当たり前のことですが、短期的に為替変動の為の損失が非常に大きくなってしまうこともあります。このためそのような損失が大きくなっても影響のないようレバレッジを少なめに売買するのが大切です。外国為替証拠金取引は、差損が一定金額よりも大きく大きくなってしまうと、追い証が出て来たり、ロスカットがかけられたりします。ロスカットがかかったらやり取りを決済することになり、長期の投資は難しくなります。この手のリスクを抑えるためには、レバレッジ2?3倍に設定して売り買いするのが安心です。2番目に中期のスタンスでのやり取りに関してです。中期投資においては、長くても2ヶ月ばかり後を見越しての売り買いをします。為替売買の際は、約1ヶ月ほど先のことであればおおよそ想定できると考えられます。先進7カ国蔵相・中央銀行総裁会議(G7)等の世界的な議会とか為替の市場で取引している人たちがどのような事柄に着目しているかを確認してみればある程度予知できるのです。こういったファンダメンタルズをチェックしつつ、グラフをチェックすることによって、為替のレートの状態をわかるようになり買いポジションか売りポジションかを見極めるべきです。基本的に経済の基礎的条件とテクニックのどっちも良い状態であり、またはどちらも買い傾向が一致していれば、おおよそその方向に行くと考えて良いです。そのような時は保有高を増やせばより一層大きな儲けを入手できるのはほぼ間違いないでしょう。第三に短期の要点。この短期スタンスというのは、いわゆるデイトレーディングを示しています。為替相場でデイトレを行うにあたりファンダメンタルズは少しも影響がないと明言していいです。それは翌日の為替レートの動きにファンダメンタルズ(経済の基礎的条件)は関連がないからです。ここで、最大の狙いどころは大規模な出来事がある際、そのおかげでレートが目立って変化する一瞬を狙ってトレードすることです。例を挙げると米国にて雇用の統計が出される、あるいは金融政策決定会合が行われることによって制作金利が変動するくらいの催し。このようなタイミングに変化をものにするという意味で、短期のトレードは技術的な知識が欲しいところである。

コンテンツメニュー