www.hotelmartani.com

今回は為替取引に関する基礎的内容についてのお話です。為替市場とは何かというと「目の前で持ち金の送付をしない場合でも金銭授受の目標をクリアするもの」になります。よく為替市場といえばおおかた国際為替のことを指すというケースがほとんどです。外為といえば二国間の通貨の換金を示します。外国へ旅行(韓国、タイ、)などした経験があるならばきっと為替の体験があるはずです。銀行の窓口に行って他国の貨幣と取り替えしたのであれば、それはまさに国際の為替にあたります。為替市場は買いたいと思う人と売る側の価格を意味するものです。銀行同士の間でのやり取りによって決まります。それがマーケットメイカーと俗にいわれる世界中にあるいくつかの銀行です。為替相場は周りからの働きを受けても休まずに刻々と変わって行きます。為替レートを変動させて行く原因としてファンダメンタルズというのが考えられます。ファンダメンタルズとは経済の動き、経済の基盤や要因のことを表します。国の経済成長や景気の状態、物価、金融緩和政策、国際収支、失業率、要人発言など複数の原因が関係して為替のレートは変わり続けます。特に国際収支と失業者数は重要と言われます。外国取引の収支というものは日本でいえば財務省からの命令で中央銀行(日本銀行)輸出入統計をベースとして作成した外国との任意の時期の売買を書き記したものです。国際収支統計は行政機関や日本銀行のHPなどで開けます。就業者の統計・失業者の数もチェックされる要因です。格段アメリカ合衆国の雇用者の統計は重要となります。月に一度公開され、リサーチの内容が広い点が特性です。為替レートの動きは経済自体の推移と言えるでしょう。国の経済の動きを理解することにより為替の相場の変動予測が可能になると言うことです。