www.hotelmartani.com

外国為替証拠金取引の面白さは単独の商品であるのに、投資期間を短期スタンス・中期スタンス・長期スタンスという3つの中からどの期間をセレクトするのかによって、資本の投下の方策が大きく違うという部分にあるのです。初めに外貨に対して投入する「長い期間の投資」を考えましょう。長期のスタンスというものは一年以上の出資を基準にしているのが普通です。まず為替の相場で、一年以上も後の為替レートが円高と予測するか、円安かを連想するのは、たいていの場合無理なはずです。実際のところ「そこまで後々のことは予測できない」となるのが当たり前だと思います。予言もできないものをがんばって予想しようと思ったところで、それは無茶苦茶なことです。そのため、他国の貨幣を買って、価値よりも円が高めになっていても、それはいつか返ってくるだろうという軽いイメージでやり取りに向き合うのが良いでしょう。儲けを積極的に上げるのではなく、他の差益、言うなればスワップ金利(異なる通貨間の金利格差)を稼ぐことを、第一のターゲットということにして投資しましょう。当然ですが、為替の差損に損が非常に大きくなることもあります。このためその損失が膨らんでもさほど困らないようレバレッジ(元の資産より大きなポジションを取る事)を必要最小限に売り買いすることがポイントです。外国為替証拠金取引は損失が一定金額よりも大きく拡大すると、追加保証金(追い証)が必要になったりあるいはストップロスになったりします。ストップロス(ロスカット)になってしまったら早くトレードを終了する必要があり長期取引が厳しくなります。リスクを回避するためには、レバレッジ2?3倍に設定してトレードするのが良いと思います。第二に中期のスタンスを狙ったトレードを考えてみましょう。中期スタンスのケースでは、一番長くて2ヶ月くらい先々を推測しての取引なのです。為替の取引の場合、およそ1ヶ月後のことであればだいたい予知できるな場合が多いでしょう。G7(先進7カ国蔵相・中央銀行総裁会議)のような国同士の議会であったり為替市場で取引している人たちがどんな点に着目しているかを聞けば、割りと、想定できるはずです。こういったファンダメンタルズを見ながらも、グラフをチェックすることで、為替のレベルを理解できるようになり、トレードを見極めるのがいいでしょう。基本的に、経済の状態とテクニックの両方とも良い感じでありまたは買いが一致している時はほとんどの場合予想通りに動くと考えて間違いありません。そんな時はポジションを増やせば大きな儲けを獲得できるでしょう。3つ目に短期の重要点です。ここでいう短期のスタンスとはいわゆる日計り取引のことを意味しています。為替でデイトレーディングを行う際経済の状態は少しも影響しないと明言していいです。というのもあくる日の為替のレートの変化にファンダメンタルズは絡んでいないからです。この場合狙いどころは大規模な催し物がある際、それに影響されて為替相場が著しく変化する時を狙って行動しましょう。たとえば、アメリカで雇用の統計が出されるないしは金融政策決定会合等によって制作金利が動くようなイベント。このように大事な機会に変わり目を見逃してはいけないといった意味から、短期のトレードは高度なデータが欲しいところである。

コンテンツメニュー