www.hotelmartani.com

やっと始める時という場面では何をおいても準備をしなくてはいけません。取引を行う前物事を理性的に見つめる事ができる余地があります。しかし、一回取引の内部へ深入りすると何をしても物の見方が自己中心的になってしまい、しっかりとした状況判断ができなくなるリスクを負います。だからこそ自分自身の精神が合理的な段階で、準備を進めておくことが大切なのだ。事前準備とは、まずは自分なりのストーリー展開を作る事から始めます。未来のマーケットは上がる(または下がる)から、NZドルを買う(あるいは売る)というふうに、自らの物語を描いていきます。次に大切なのはチャートを調べましょう。過去の為替相場の上げ下げを見定めて現時点での価格を確認します。そうしたら、「結構安すぎるレベルになっている」など、他には「もはやたくさんの方が取引しているからこの後自分が売り(または買い)してももはややりようがない」などと納得できます。当然、取引するのがやりようがないと感じたならば、何もしないで、この状況では吹っ切ることが肝心。無理に自身の台本を押し通そうとして、吹っ切らずに注文すると外国為替市場に跳ね返されてかえって損することになりかねない。ただ大体の場面で準備万端の自らの筋書きを考えていれば、エントリーが遅いという場面にはなることはありません。おそらく、本格的に市場が上げ下げする前の状態のはずだからです。更に、差し当って売買しようと思っている売買ポジションの上下動をきちんと調べる事が大事です。例えば円安になると予想する物語を作ったのであれば、その通貨の変化に気をつけておきます。マーケットの上下動を気をつけ始めた状況ではまだまだその外貨は誰の眼にも明らかに変化する兆候を見せないで上がったり下がったりちょっとした変化をしているだけでしょう。だけど、その上下動を正確に見ているとある場面で、円安へと市場が向い始めます。ここでいよいよドル買いの注文をします。通常、注意深く計画さえしておけばそのトレードで利益を上げる可能性は比較的高まります。

コンテンツメニュー