www.hotelmartani.com

ありふれたはじめたばかりの人向けの外為のテキストでは、「差損が生じたケースではナンピンをすることで全体の平均の価格を小さくする事が出来る」などとアドバイスしている事もありますが正直に言うとナンピン買いには相当大きな隠れたリスクが待ち受けています。まずはじめに、ナンピン買いの仕組みについて手短に述べておきます。例として1ドル=100円でドルを買ったとします。$買いですので円安ドル高に動くほど利益が出るわけだが、運悪く1ドルが95円まで円高・ドル安に振れてしまったとします。このままの状況でポジションを維持し続けたら、マイナスをなくすためには5円分、円安に向う必要があります。誰もがみんな、マイナスは早急にリカバリしたいと思うでしょう。そこではじめに取引したのと同額のドルを1ドル=95円で買い増します。すると、全体のコストは1ドル=97.50銭まで下げることができますこの結果、2円50銭の幅でドル高に推移すれば損を回復できます。この流れがナンピン買いのロジックだ。ナンピンの原理をみると、「納得だ」という気分になるがマーケットは容易には思うようにはいきません。1ドル=95円以下にならないとは誰一人として予想できません。仮定として、為替相場が相当に強い円高ドル安地合だとしたら1ドル=95円ではとまらず、より一層円高ドル安が加速するリスクは高いです。ひとつの例として、97円50銭でナンピンをするとしても、95円までドル安になったらナンピン買いをした分についても、為替差損が生まれます。その状態では、初めに持ったポジションと同時に2倍の損失が生じる事になります。この例のように、ナンピンは難解です。であるなら、為替相場が自身の脚本とは反対の方向にさっと進んだ場合どんな術で危険の確率を軽減すればいいのでしょうか。この場合選択できる対策は2つしかありません。最初のひとつは観念して、損を確定する事です。もうひとつの方法としてはその時点で、保有している買いポジションを縮小することによって再度マーケットが戻るのをじっと待つことだ。少し控えめな術だと思う人もいます。けれども、持っている買いポジションに損が生じた時、最も妥当な術はこの2つ以外にはありえません。無論、ロジックのうえでは、ナンピン買いをするという考え方もあると思います。けれどもナンピンはあなたがマイナスになっている状態でポジションを整理するどころか、それとは逆に買いポジションを重ねていく対策です。この手段では、リスクをコントロールすることなど、とても不可能だと考えるべきです。ナンピン買いを続ける事ができればいずれは勝てるかもしれません。だがしかし、それより前に資金がショートしてしまいます。