具体的に外国為替相場が変動する前の状態のはずです

ようやく取引する時という局面では何よりも準備を手抜きしてはいけません。

取引を行う前であったならば、場面を合理的に見ることのできる余裕がある。

しかしながら、ひとたびマーケットの内側に入ってしまうとどう工夫しても捉え方が偏ったものになりがちで、重要な時に正しい判断を下せなくなる恐れが生じる。

だからこそ自身の頭の中が客観的な段階で、準備が重要です。

この”j事前準備”のためには、何はともあれあなたの物語を書くことから行います。

未来のマーケットはこうなってああなるからユーロを勝負するみたいなあなたなりの台本を書いていきます。

次は時間足チャートを確認しましょう。

過去の為替レートの上げ下げを見定めて、現時点での位置を調べます。

そうすると、「今現在は割りに低すぎる段階にあるな」など、「もはやたくさんの投資家の方々が仕かけているから、この先自分が取引してももはややりようがない」などと判断できます。

もう取引するのが間に合わないなと感じたならば、売買しないで、この場面ではすっぱりと割り切ることが大事です。

無理に自分の筋書きを貫いて無理に新規エントリーすると、相場に跳ね返されてしまいそれどころか損失を被ることになる危険性があります。

そうは言ってもかなりの場合では準備万端の自身の物語を書いているとすれば、仕かけるのが遅いというケースにはならないと思います。

大方、具体的に外国為替相場が変動する前の状態のはずです。

次は、とりあえずは自身が取引しようと考えている外貨ポジションの動きを、きちんと見る事が肝心。

例として円安に向うであろうというストーリー展開を書いたのであれば、該当する外貨の動きに注目しておくことだ。

外国為替相場の上げ下げを注目し始めたばかりでは該当の通貨ははっきりと上下動する気配を見せずわずかな変動を繰り返しているだけでしょう。

しかし、その推移をじっと確認しているとあるところで確実に、ドル高へと市場が向い始めます。

このタイミングで初めてドルの新規注文を出すのだ。

一般的に、周到に事前準備をすればその取引で儲ける確率は相当大きくなるはずです。

コンテンツメニュー

    Link