5割以上負けても損が少額ならば

外為取引の経験の浅い方が為替相場の勘所を探し出すためには、第一に注文を重ねる事が大切です。

とりわけ、直前に危機を予期するようになるには、失敗を繰り返す事も大事です。

ミスをするといっても、決定的な間違いをしてはいけません。

小さい負けを何度か実践する事が、最後に己の場数を増やす事が出来ます。

これを考えると、まず最初は少額資金で取引を行い、これで数回簡単な間違いをすることをおすすめします。

一例として、100万円だけしか投資する事が出来ない状態で、よく考えずに全額使ってエントリーすると、損した時、再起できなくなってしまう怖さがあります。

それよりは、ひとつの例として資金の10%ずつ分けてトレードを行ない、それによって取引を積み重ねた方が段々と失敗を埋め合わせる技術なども覚えるはずです。

まず最初に小さな額でエントリーする事の長所は、既出の通り、自らの経験を増やし、失敗を避ける方策を学んでいく事にありますがそれと合わせて、売り買いの回数を増やして不確実性を削減する事ができるというメリットもある。

想定として、売買で勝率が5割だと考えます。

言い換えると、同じく50%の確率で損するリスクもあります。

勝率5割ということは。

半分半分の割合でプラスになる事を言い表しています。

ところが、全ての資金を注ぎ込んで1回だけの売買をするということは、はっきりとした勝ちか、負けのいずれかになってしまいます。

これではただの丁半バクチと同じ。

言い換えれば、全ての投資資金をつぎ込んで1度しかエントリーしないと、この分だけ負ける率が大きくなってしまいます。

それだけに、投資資金を全額投じるのではなく何度かに分けて投資回数を増やす事がリスク回避となります。

そしていくつかに分けたとしても全ての注文で勝利する事は不可欠ではありません。

正確に言うと、勝利できないのが実際です。

勝負で不可欠なのは、いかに利益を上げるかです。

勝率が同じでも、さらに5割以下でも儲かる時は儲かります。

5割以上負けても損が少額ならば、少ない勝ちの儲けの大きさだけで上手に稼げます。

そのために不可欠な事は、損を小さく、利益を大きくを覚えておく事です。

損が出たらすぐさま損切りして逆に勝てる場合は出来るだけ大きく利益を出す事が、外為取引初心者が為替で勝利するための秘訣です。

コンテンツメニュー

    Link